123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
CATEGORY
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
I-O DATA USB 2.0/1.1対応 フラッシュメモリーSANRIO KITTY SPECIAL BOX 512MB [SKT-SB512]() / Come home! Vol.3() /



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
空の大泣き
なんだかおかしくって
笑って、そして泣いていた
わたしとあなたは平行線
いつだって どこまでいったって

交わらない線をいつまでも引き続けるのかな
あなたが足を止めるまで
ずっとずっとついてくのかな
| こいのうた | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬の夕方
たとえば
手をにぎるのと、にぎってもらうのでは
全然違う。全然。



| こいのうた | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
しょうが焼きが食べたい
しょうが焼きが食べたい
たとえば 
あなたがそう言う
出かける前の 
いってきますのついでに 

あたしは
スーパーで豚肉を買って帰る
しょうが醤油に豚肉をつけこみながら
こういうのっていいな、と思う

あなたが今日食べたいものを
あたしが作る
あたりまえみたいに

こういうのって、ちょっといいな
| こいのうた | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたと
彼と、出会った頃の話をする。
それから出会う前の話。

どの道を選んでいたって
あなたには出会えていたと思う。
そういうふうに信じている。
| こいのうた | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
そういうようにできている
会いたい と 強く思った夜ほど

ひとりになる

| こいのうた | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
始発電車
たとえば
夫というよりも
恋人というほうがしっくりくる
わたしたちは夫婦と呼ぶにはきっとまだ幼い

それでも 
たとえばふとした瞬間
そのあたりまえの日常に
胸がいっぱいになる

今日 
彼は始発電車で帰ってくる
わたしは
ひとりぼっちじゃ眠り方がわからなくて
ただじっと 
夜が更けるのを待つ

ただじっと
| こいのうた | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) |